スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戦国BASARA3

家康編クリアしました。
武器がまあ一応グローブつけてますが素手なのでリーチが短くて孫市使った後だと最初は少し慣れないですね。
コンボがなかなか上手くつなげられないです。
正面の敵を全て倒した後後ろにいる敵に攻撃しようとすると、向きを変える間にコンボが切れてしまうことが多々あります。
向き変えつつ攻撃できる技ってないのかな?

孫市と同じマップをいくつかプレイしましたが、内容が同じのためやはり少し単調に感じますね。
各々の区画でも基本的に守護兵長?を倒せば陣地を獲得して、残りは残党を倒すという同じことの繰り返しです。
ただBASARAは成長させるのが楽しいので同じことの繰り返しでもあまり苦にはなりません。

徳川家康はまあ有名ですね。幼少の頃の名前は竹千代です。
ゲーム中でもなんども竹千代と呼ばれていますね。
最初は織田軍につき、武田信玄と三方ヶ原の戦いを起こすものの敗走。
その後の長篠の戦いで武田軍に圧勝。
長篠の戦いの絵は教科書とかにもよく出てて有名ですね。
信長が大量の鉄砲で三列に兵を並べて次々に打つ三段撃ちが特に知られていますが、三段撃ちは実際は行われていないのではないかという説もあるみたいですね。
武田軍は鉄砲でやられたのではなく鉄砲の大音量によって怯んだためと、陣形が壊れたためという説もあり面白いです。
その後本能寺の変で織田信長が死亡します。このとき家康もあとを追おうとしたが本多忠勝に止められたらしいです。
ゲームでも家康は本多忠勝を信頼している様子がよく分かります。ロボットですけど。
家康は前回の孫市のときにも出た小牧長久手の戦いで豊臣氏に勝利するものの、豊臣氏に臣従。
豊臣秀吉の死後は石田三成と敵対。
ゲームでは家康が秀吉を倒したかのように書かれていますが実際はそんなことはないです。
関ヶ原の戦いでは初めは不利な状況だったが。、小早川秀秋の裏切りにより形勢逆転し石田三成を破ります。
これはゲームでも同じように描かれています。鉄砲を撃ったという説も実際存在するみたいです。
そして征夷大将軍となって江戸幕府を開きます。
参考 wikipedia

こうしてみるとBASARA史観と結構差異がありますね。
EDでは家康は石田三成のことをかなり想っていたように感じますが、最後は三成の戦死によって幕を閉じるため悲しい結末になっています。
別のパターンのEDもあるのかな?楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ : 戦国BASARA
ジャンル : ゲーム

戦国BASARA3

戦国BASARA3買ってきました。
PS3版です。BASARAシリーズは始めてです。

最初は腐女子御用達のゲームでゲーム内容はそっちのけかと思っていたんですが、まあ普通に考えてそんなことはないですよね。
雑賀孫市で一周クリアしましたが爽快感があって結構楽しかったです。
しかし雑賀孫市さんかっこいいです。ライトニングさんを彷彿とさせますが、ライトニングさんから優しさをさらに引いた感じがします。

史実だと雑賀孫市は雑賀氏の当主が雑賀孫市を代々名乗るため複数の人物がいるらしいですね。
無双だと雑賀孫市は男だったと思いますが、BASARAだと女性なんですね。
まあ実際女性もいたかもしれませんからこれは分かりませんが。
雑賀衆は一度織田信長についた後本願寺で裏切り織田信長軍勢を苦しめた。
鉄砲だと織田信長って結構有名ですけど、雑賀孫市は鉄砲で織田信長軍を苦しめたというのだからすごいです。
その後雑賀衆は豊臣秀吉に仕えるが、小牧長久手の戦いの途中に秀吉の城を襲い、それに怒った豊臣軍の水攻めにより滅亡。
雑賀孫市は関ヶ原の戦いでは豊臣軍について徳川家の鳥居元忠を討ち取った。
となっています。
wikipediaを参考にしました。
自分は文系ではなく詳しく知らないので、間違いがあったら申し訳ありません。

自分のクリアしたルートでは雑賀孫市は徳川家康に仕え、関ヶ原で石田三成を倒すという展開になっていました。
こういうifが楽しめるのも歴史ゲームの面白いところですね。
史実とごっちゃになってしまいますがw
まあ司馬史観ならぬBASARA史観では本多忠勝がロボットになっていたり訳がわからないのですがw
まあお祭りゲーなのでそこは割りきって楽しむのが正解だと思います。

ゲーム的にはなかなかいい出来だと思います。
たぶん60fps出してると思いますが、すごくぬるぬる動きます。
難易度はそんなに高くありません。
ショートカットがあったり遊びやすさに関しても良く考えられていると思います。
1ルートをおよそ3時間かけてクリアしましたが、全体EDの2%だったので全てのEDを見るには150時間程度かかるということで、なかなかボリュームもあります。
成長要素もあって長く遊べる一本ではないかなと。
たぶん動かせる武将の数は16でマップは39かな?
かすがやまつを操作したかったな。DLCなどに期待したいです。

テーマ : 戦国BASARA
ジャンル : ゲーム

Blur

PS3のBlurの体験版をプレイしてみました。
もともと買う予定だったのですが、白騎士をプレイしていたため予約をキャンセルしていました。

rank10まで上げましたが結構面白いですね。
基本的にはマリオカートのようなハチャメチャレースゲームですが、マリオカートよりも実際の車を使用しているためグラフィックはリアルです。
さらにアイテムが運ではなく自分で欲しいアイテムを選択して取るというシステムでチョコボレーシングの方に近い印象を受けます。
下位のほうが良いアイテムが出るわけではないのでマリオカートよりも運要素が少なく、逆に言えば戦略性があります。
アイテムも同時に3つまで持てますので、適切なタイミングで適切な方法で使うことが重要となります。
レーシング部分ではインベタで走ることは不可能で、きちんとドリフトやアウトインアウトで走る必要もあります。
ゲームバランスはマリオカートよりもいいと思いますが、首位を独走するという展開が多いため、そのあたりの救済が少しあっても良かったかなと思います。
一発逆転的なものは基本的に不可能です。
運で負けるということはほぼないので完全な実力勝負がしたい人はおすすめ。
アンロックはオンラインをプレイしていれば開放されますし、非常に遊びやすいです。
コースによっては車種により大きく難易度が左右されるものがあるのは少し残念。

オンラインでは少しラグがあるかなーといった印象です。
特にAランクの20人対戦などではカクカクするときがたまにあります。
まあそれほど気になるものではないですけどね。
オンのロビーでは待ち時間にプレイの様子などが見れると良かったな。
あとスタートまでに30秒程度待たされるのが少しテンポを削いでる。
人数がある一定以上集まってればスタートしてほしかった。
対戦時に数人オンラインから蹴落とされることが多々あって、20人集まってたものが8人になってたりします。
オンライン周りをもう少し強化すればかなり面白いゲームなのではないかと感じました。

体験版は全て英語なので注意してください。高校卒業程度の英語なのでそんなに身構える必要はないと思います。

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

白騎士物語 ‐光と闇の覚醒‐

いつもはクリアしてから評価するけど、もう我慢できなくなったから書く。

まず良いところはユウリがかわいいこと。
ユウリがいることが、このゲームをプレイする一番のモチベーション維持になっています。
次に着せ替えが出来ること。
新しい武器のコスがどんな感じなのかなーと武器屋さんに行くのが楽しみになります。
そして武器のバランスが悪くないこと。
オンでもみなさん様々な武器を使っています。
ちょっとバランスを間違えると、全員強武器に走ってしまいがちなゲームですが、バランスが取れているためにどの武器を使ってもきちんと役割があって協力し合えます。
片手剣ひとつとっても、片手剣神聖タッチ斧両手剣などの物理特化、短剣精霊神聖の魔法特化型など様々な遊び方ができます。
あとはマップが常に見れて、マップを見ながら移動できるところ。
さらに目的地に☆が付いているのであまり迷わない。
マップが少し広大すぎるのはうざい。歩くスピードに見合った大きさではない。
あとはプリレンダのムービーが綺麗なところかな。

悪いところは多いのですが、まず一番ダメなところはNPCが普通に邪魔なところ。
NPCがゲストとして参加するのですが、死んだらゲームオーバーのため守りながら戦うはめになります。
しかもボスの一撃でゲストキャラが死んでしまうときがよくある。
作戦で離れろにしても突撃する始末。
さらに悪いことに、ボスの三連戦などがあるため最後まで行ってもまた一からやり直し。
リトライがついてて親切だなと思いきや、何のことはないただセーブポイントに戻るだけ。リトライの意味皆無。
三連戦などはもうバランス取りを放棄したとしか思えない。
三連戦のボスは比較的弱めなら話はわかる。三連戦のボスに限って普通のボスより強い。
これのゲームデザインしたやつの神経を疑う。テストプレイしたのかよまじで。
強いボスを作りたいならワイバーン×2くらいのレベルにしておくべき。理不尽なバランスは高難易度とは言わない。

次に雑魚がうざい。特にアンデット系。
物理無効とか面倒なだけ。何を考えてこの設定にしたのか分からない。ただの時間稼ぎだろ。
しかも雑魚のデザインはサソリとかハチとかクマとかクモとかの色違いがほとんど。閉口物である。
そして巨大な雑魚がよくでる。たまにならいい。良く出る。面倒なだけ。
倒したら大きな経験値がもらえるのかと思いきや、普通の雑魚の3倍程度。倒すのには5倍以上の時間がかかるくせに。
この巨大雑魚のため騎士を多用することになるが、騎士はレナードしか序盤は持っていない、というかほぼラスダンに至るまでアバターやユウリが変身しないので、必然的にレナードを操作することになりがち。
もちろん騎士にならなくても倒せるが、時間がかかるだけで別に旨みはない。
騎士に変身したら変身解除されるときにMP0になるので旨みはあるのか。否定的な意味で。
しかも雑魚は逃げられないくらいにしつこく追ってくる。
自身には攻撃可能範囲があるのに、敵は無限射程。そうとう離れてても当ててくる。
さらに味方の攻撃のミスの確率が異常。びっくりするくらいミスる。イライラさせられる。

AIがあほ過ぎる。
弱点は突かない。補助は掛けない。AC使う技は基本的に使わない。
回復が素早いのだけは唯一褒められる。
作戦によっての行動が極端。
アイテムは回復重視の時だけ使い、他の時は使わない。
回復重視でも一定HP以下にならないと回復してくれない。
離れろという指示を出しても中途半端な位置でぼーっとしてるだけ。回復だけはかろうじて参加。

次に全体の流れについて。
使い回しのマップが多い。後半は前半部の古パートの道程を逆戻りするだけ。
しかもナレーションで『~は占領されていたため迂回して別の道を通り虫の谷に向かった。大変な道のりであった』的な字幕が出たときには笑った。
別の道をつくるのが面倒だっただけだろ。手抜きも甚だしい。
しかも飛空艇はどこに行ったの?徒歩する必要ないよね。飛空艇で行けよ。

ストーリー自体は良くも悪くも王道。
サクサク進むところは素晴らしい。悪く言えば山場がないとも言えるけど。

サブクエストで住人の依頼があるが、話しかける人が明示されているのは親切でよかった。
さらに過去に行っても同様に受けられる。
ここは非現実的な感じがするが、ゲームなのでこれでいい。遊びやすさを追求することは大事。
ただドロップ率の低いようなものを数十個要求するのはやめて下さい。面倒なだけです。
賞金首システムは悪くはない。

倉庫から装備できなかったり、セーブが長かったり、なんか細かいところでイライラさせられる。
イライラが積もって全体的につまらないゲームという評価に拍車をかけている。

次にオンについて。
日記や掲示板があるのはいいね。プレイヤーとの交流が楽しめます。
GRが上がりにくいのは厳しい。マラソンを強いられることになる。
しかもGR16以上にならないと変身が解禁しない上に6人クエストが受けられない。
オフで住人の依頼と賞金首をやるとGR14程度まで上がるらしいが、あとGR2あげるために結局マラソン。
さらにGR14はクエストレベルがLv40程度のため、その時のプレイヤーとLvと一致していないという問題点がある。
GRによってレベルキャップがあるのがうざい。カンストしてる間もらえる経験値は無駄になる。
クエストも新規のものが少ないらしく、しかも同じ内容でレベルが1~4という大変お粗末なもので水増し。

全体的にこんなのよく発売できたねと思わせるところが多い。
少しプレイしたら、明らかにバランス悪いことに気付くと思うんだが…
最初からアップデートで直そうとかいう魂胆だったら幻滅します。
一応クリアまでは頑張ってやろうかなと思ってますが、あまりやる気が起きない。
もうレベルファイブのゲームは買わないと思う。
レベルファイブはSCEからもらった資金でなんとか作ったという意見もあるかもしれないが、予算をかけずに直せるところはいっぱいある。逆戻りはまあ許すとしても他の部分は明らかにすぐに改善できる。
このゲームをテストプレイヤーは面白いといってプレイしたとどこかのインタビュー記事に書いてありましたが、そのテストプレイヤーはクビにしたほうがいいレベル。
面白い部分はあるのに間違いはないが、諸手を挙げて素晴らしいと賞賛できるゲームでは絶対ない。

白騎士を全否定するようで悪いが、正直オフいらないと思う。さらに変身もいらないと思う。
ストーリーモードあってもいいけどCOOP出来れば良かったのに。
55/100

テーマ : 白騎士物語 -光と闇の覚醒
ジャンル : ゲーム

白騎士物語 -光と闇の覚醒-

古の鼓動パートをクリアしました。クリアタイムは24時間。

ストーリーはまだプロローグ的な感じですね。
後半部の光と闇の覚醒パートのスケールの壮大さを感じさせるエンディングになっています。
ストーリー進行は非常にサクサク進みます。そのため単調に感じる人もいると思います。しかし目的は非常にはっきりとしていて分かりやすくもあります。
難易度はそんなに高くありませんでした。
ラスボスでGAMEOVERになったのは内緒ですがw
後半の光と闇の覚醒パートを少しやってみたのですが、こっちのほうが難易度が高めです。
とくにNPCを守って戦うシチュエーションが多いのですが、NPCが突撃して死んでしまうことがよくあるので、前半部に比べて戦い方を考えなければならないことが多々あります。
実際最初のボスでスカーダインが死んでしまうことが何度もあって、何回かやり直しをしました。
まあゾアクリスタルを先に壊していたのが失敗だったのですが…

白騎士そのものに一貫して存在する問題点はかなりありますが、前半部のみに関係する問題点は特に思い浮かびません。
レナードとシズナ様がむかつくくらいでしょうか。
まあユウリ好きの自分には結構辛い展開が続きますね。
白騎士に存在する問題点は光と闇の覚醒パートをクリアしたときにまた述べたいと思います。
それまでに飽きるかもしれませんし…自分の技量的な問題でクリアできるかどうかわかりませんが…

テーマ : 白騎士物語 -光と闇の覚醒
ジャンル : ゲーム

白騎士物語 -光と闇の覚醒-

白騎士物語買ってきました。
3時間くらいオフでプレイしましたが、普通ですねこれ。
取り立てて褒めるところも、特段貶すところもありません。
ストーリーはお姫様を助けるといったマリオにも使われている王道展開です。
戦闘は少しテンポが悪いかなー。
これでも前作よりはなり良くなったらしいのですが、まだまだ頑張れると思います。
まあ雰囲気はFF12とかゼノブレイドみたいな感じですね。
アクションRPGにしてしまえば良かったのにとも思ったりもしました。

武器が壊れたりするようなシステムは別にいらないんじゃないかなと思います。
戦闘が終わったあとにいちいち刀を納めたり、セーブが長かったり、移動に時間がかかったりちょっとしたところでイライラが蓄積してしまいます。
もう少し改良の余地あったかなー。
マップが自由に見れるのはいいですね。
スキルも豊富でいいですね。やり込み甲斐があります。
武器はトトリみたいにスキルを自由に付けるとかできると面白かったのにとも思います。
あとジャンプをつけて欲しかったですね。ジャンプできないと段差などで少しイラッとします。

まあオフに期待しても無駄だと思いますので、オンを楽しみにオフを早く終わらせたいと思います。

テーマ : 白騎士物語 -光と闇の覚醒
ジャンル : ゲーム

トトリのアトリエ アーランドの錬金術師2

トトリのアトリエプレイしております。
船を製作するところまで来ました。
5年目の10月です。結構ぎりぎりですね。
白騎士までにトトリは一応何かしらのEDを見ておこうと思っていたのですが、無理そうです。

コンテナ999個は少ないですね。
5000個くらいあってもいいかなと思います。
際限なく拾えますし。
ちむちゃんが大活躍です。いい特性を持った素材やインゴットを量産できるのは嬉しいです。
コンテナ内やかごのアイテムのソートが保存されないのは残念。いちいち探し出すのは非常に面倒くさいです。
もう少し洗練されたシステムを考えられたかなと思います。
例えば最初からカテゴリ別にしておくとかですかね。
フィールド移動は旅人の靴やトラベルゲートなどで簡単に移動できるようになっているのは素晴らしい。時間を無駄にしなくていいですね。

ロロナちゃんマジ天使。
他のキャラもかわいいですけど、ロロナちゃんのかわいさはその中でも郡を抜いていますね。
フィリーちゃん、ミミちゃん、くーちゃん、トトリちゃん、メルお姉ちゃんもかわいいです。
なんでこんなに魅力的な女の子が多いんでしょう…
女の子のかわいさだけでこのゲームを何周もするモチベーションになることでしょう。
普通のギャルゲは好きな女の子も嫌いな女の子も大抵同数くらいいて、好きな女の子に会うためにゲームをつけるということが多いのですが、なんということでしょう、トトリのアトリエはみんな好き。かわいい。
恐るべきガスト…
88/100

テーマ : トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~
ジャンル : ゲーム

初音ミク Project DIVA

初音ミクProjectDIVAをプレイしました。
意外と良く出来てた。
開封する前は全く期待していなかったんですが、なかなかよく出来ています。
音ゲーの部分についてですが、少し難易度が低めかなといった気はします。
初見でクリア出来るものが多いです。
ハードの評価PERFECTやGREATは難しいのですが、クリアするだけならめちゃくちゃ難しいものではないので音ゲー初心者の方におすすめです。
廃人向けの方に十字キーを利用したEXTREMEモードや流れるボタンを消したHIDDENモードなどあればより楽しめるのにちょっと惜しいです。
曲数は非常に多くてミクファンなら満足できるボリュームだと思います。
ただボタンの種類によって出る音を差別化させたほうがいいのではないのかなと感じました。
違うボタンで同じ音が出るのは少し違和感があります。
あと特にアップテンポの曲の時はフレームレートががくっと落ちるのが気になります。
これは音ゲーに関してはすごく致命的。
フレームレートが落ちても基本的に問題なく続けられるのですが、分かりにくいためミスを誘発してしまいます。
あと判定についてですが、通常の音ゲーは判定が正確ぴったりな音の位置よりも前に◯の採点がつくものが多いと思いますが、DIVAは正確な位置の後ろに◯が付く範囲があります。
通常の音ゲーでは成功の範囲内の正確より早い位置で押すと大抵失敗になってしまうということです。
これによって連打のときに連続ミスがよく起こります。
つまりDIVAの場合は連打の際は最初の一音がすごく肝心です。
ここでぴったり行けば遅れていっても◯になるのでスコアが伸びますが、少し早いと全部×になる可能性があります。
連打が苦手な方は意識してみるといいのではないでしょうか。
DIVAで素晴らしいと思ったのは間奏の部分にもしっかり譜があることですね。
間奏は暇だったりする音ゲーが多い中でDIVAはずっと集中力が保たれたままフィニッシュすることが出来ます。
気になったのはスコア計算でコンボを多くしてもいまいち点数が伸びにくく、点数を決めるほとんどが途中のボーナス状態に限られているところかな。
逆に言えばそのときだけうまくやればそこそこの点数が出るのですが、音ゲーはやはり全体を重視したいので、曲丸ごと同じ採点基準にしてもらえると嬉しかったです。

キャラゲーの部分についてですが、なかなかよくできてると思います。
ミクの着せ替えや部屋の模様替えなどなかなか面白いです。
音ゲーパートをクリアして増やしていく仕様もいいですね。

オートセーブがないのも気になりました。
セーブ時間が短いですからオートセーブありでもよかったのではないでしょうか。
ネットを通じたスコアランキングなんかもあれば面白かったですね。

さらにDIVAはエディットモードもついており長く遊べるゲームになっています。

ミクは発売した直後はすごく注目してて大好きだったのですが、ニコニコで自作曲が流行るとちょっとずつ嫌いになってました。
今回DIVAでいろんなオリジナル曲を聞くと結構いい曲もあったりして、偏見はだめだなということに気付かされました。
DIVA2でもいろんな曲出会えるのを楽しみに待ちたいと思います。
83/100

テーマ : PSP
ジャンル : ゲーム

SPLIT/SECOND

SPILT/SECONDの体験版が配信されていましたのでプレイしてみました。
前から注目してたのですが、なかなか面白かったですね。

内容は簡単にいえば敵の車を邪魔したりコースを変えたり、ハチャメチャなレースゲームです。
特にコースを変えるのが楽しい。
3LAPするのですが、1LAPごとにコースが全く異なってきます。
常に新鮮な気持ちでプレイできるというか、それに大逆転も可能ですね。
自分の得意なコースにしたり、またそれを防がれたりという攻防がオンラインではあるのではないかと思います。
グラフィックはなかなか綺麗です。
コースとクルマが豊富でオンのラグが少なければ良ゲーになりそうな気がします。
アンロックなど長く続けられるシステムもあるといいですね。もちろん無理な条件ではなく続けていれば取れるようなものに限りますが。

テーマ : ■PLAYSTATION®3
ジャンル : ゲーム

トトリのアトリエ アーランドの錬金術師2

トトリプレイしています。
プレイ時間は15時間くらいで、3年目の8月くらいまで進みました。

トトリちゃんもさることながら、ロロナちゃん、フィリーちゃんが可愛いです。
さらにくーちゃん、ミミちゃんも可愛くて、メルヴィアちゃんもかわいいです。
というかもうほぼ全員かわいいです。
イベントでキャラの掛け合いを見てるだけでほのぼのとしてきます。

ゲーム性について言及しますと、まず作業ゲーではあります。
いろんな場所を探索して、戦闘採取を行い、いろいろなクエストを受けながら、調合、武器強化を進めていくというなかなか忙しい内容です。
きちんと計画を立ててやらないとバッドエンドになってしまうみたいなので、ストーリーに沿って進むRPGとは違った難しさがありますね。
しかし、やはりこのシステムの弱点として単調さが否めないということがあります。
実際トトリも同じことの繰り返しをしている時がほとんどです。
戦闘などの特に戦略性もなく、たたかうの連打になりがちです。
まあ調合がアトリエシリーズのメインシステムなので戦闘はおまけなことに違いないのですが、もう少し個性的で爽快感あふれる戦闘システムならばモチベーションがより維持されるものと思われます。
この印象は同じガスト製のアルトネリコよりも強い気がします。
アルトネリコはストーリーがまだ存在するため前に進んでいるという感覚がメリハリを付けているのだと思いますが、アトリエは基本的に同じ場所の行ったり来たりが続くため余計にそう感じるのだと考えられます。
爽快感についてはロードが短いのでその点では快適ですね。
しかしちゃんとしたEDを迎えるためには周回前提の作りになっています。
ここは賛否両論あるところだとは思うのですが、自分は少し嫌ですね。
少なくとも普通にプレイしていれば一周目はノーマルエンド、二周目はほぼトゥルーエンドという作りならば別に気にしないのですが…一周目がバッドエンドになることが多いみたいです。
さらに周回前提の作りのくせにイベントスキップがないのは気になります。
あとクリア後引き継ぎももっと豊富にしてくれても良かったんじゃないかなと思います。

かわいい女の子たちの物語を見たくて作業を厭わないなら買うべき。
JRPG好きならお財布と相談。
作業ゲーが嫌いなら回避。
購入の判断基準はこのあたりで決めるといいと思いますね。

テーマ : トトリのアトリエ~アーランドの錬金術士2~
ジャンル : ゲーム

Twitter
ゆるゆり
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
ToHeart2 ダンジョン トラベラーズ
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
persona4
カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
過去の記事

2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。