スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナルファンタジー13

ついにFF13発売ですね。
早速買ってきました。4時間ほどプレイした感想を書きます。

グラフィックは流石になかなか迫力があって綺麗。
リアルタイムはまあHDゲームにしては普通かなって感じがしますが、プリレンダムービーはかなり美しいです。

戦闘ですが、操作するのは一人のみで他の人は自動で動くシステム。
今までのFFで言うジョブであるロールの組み合わせのオプティマを変化させて、他のキャラに命令を出していき戦闘を進めていきます。
システム自体は斬新ではない感じがしますが、戦闘が非常にスピーディーで忙しいです。
操作キャラが戦闘不能になるとゲームオーバーなので自分のHPバーと敵のBREAKバー、HPバー、陣形と自分のコマンドを全体的に俯瞰しながら戦うのは最初は難しく感じる。
けど慣れてくると戦略が出てきてなかなか面白い。
MPは存在しません。ポーションも全体回復になっているなど全体的に戦闘がインフレ方向に加速して行っています。

戦闘の難易度は比較的高め。
適当に連打してるとザコ戦でもゲームオーバーになりえます。
ゲームオーバーになっても戦闘前からやり直せます。
シンボルエンカウントなので嫌な戦闘はしなくてもいい。
逃げるのコマンドがないのでシンボルエンカウントで正解かと。

成長システムはレベルがなくてFF10のスフィア盤に近いクリスタリウム。
ロールに対応したクリスタリウムを育てることになる。

発売前に散々一本道と煽られましたがまじで一本道です。
ダンジョンすら恐ろしいまでに一本道です。
自分はアイテム集めとかのためにダンジョンを探索しまくるのは馬鹿らしいと思っているのでありがたいのですが
オブリビオンに代表される自由度の高いRPGが好きな人は向かないような気がします。

街がなく、ショップもセーブポイントで行えます。
セーブポイントはかなり細かく設置されていて嬉しい。
時間のない人でも進めることができます。
お金も敵が落とすことはなく、主に素材で武器を改造していきます。

全体的にみて非常にシンプルな作り。
RPGに必要不可欠なもの以外をとことん削ぎ落としてその代わりにシステムに拘ったという印象を受けます。
無駄をそぎ落とすことは結果的にストーリーも引き立つことになるのですが、まだよくストーリーの全貌が掴めないのでなんとも言えないけれども期待しています。
グラフィックの美麗さと相まって結構感動出来るお話じゃないかなと思っています。
スポンサーサイト

テーマ : FF13 ファイナルファンタジー13 について
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
ゆるゆり
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
ToHeart2 ダンジョン トラベラーズ
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
persona4
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
過去の記事

2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。