スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミク Project DIVA

初音ミクProjectDIVAをプレイしました。
意外と良く出来てた。
開封する前は全く期待していなかったんですが、なかなかよく出来ています。
音ゲーの部分についてですが、少し難易度が低めかなといった気はします。
初見でクリア出来るものが多いです。
ハードの評価PERFECTやGREATは難しいのですが、クリアするだけならめちゃくちゃ難しいものではないので音ゲー初心者の方におすすめです。
廃人向けの方に十字キーを利用したEXTREMEモードや流れるボタンを消したHIDDENモードなどあればより楽しめるのにちょっと惜しいです。
曲数は非常に多くてミクファンなら満足できるボリュームだと思います。
ただボタンの種類によって出る音を差別化させたほうがいいのではないのかなと感じました。
違うボタンで同じ音が出るのは少し違和感があります。
あと特にアップテンポの曲の時はフレームレートががくっと落ちるのが気になります。
これは音ゲーに関してはすごく致命的。
フレームレートが落ちても基本的に問題なく続けられるのですが、分かりにくいためミスを誘発してしまいます。
あと判定についてですが、通常の音ゲーは判定が正確ぴったりな音の位置よりも前に◯の採点がつくものが多いと思いますが、DIVAは正確な位置の後ろに◯が付く範囲があります。
通常の音ゲーでは成功の範囲内の正確より早い位置で押すと大抵失敗になってしまうということです。
これによって連打のときに連続ミスがよく起こります。
つまりDIVAの場合は連打の際は最初の一音がすごく肝心です。
ここでぴったり行けば遅れていっても◯になるのでスコアが伸びますが、少し早いと全部×になる可能性があります。
連打が苦手な方は意識してみるといいのではないでしょうか。
DIVAで素晴らしいと思ったのは間奏の部分にもしっかり譜があることですね。
間奏は暇だったりする音ゲーが多い中でDIVAはずっと集中力が保たれたままフィニッシュすることが出来ます。
気になったのはスコア計算でコンボを多くしてもいまいち点数が伸びにくく、点数を決めるほとんどが途中のボーナス状態に限られているところかな。
逆に言えばそのときだけうまくやればそこそこの点数が出るのですが、音ゲーはやはり全体を重視したいので、曲丸ごと同じ採点基準にしてもらえると嬉しかったです。

キャラゲーの部分についてですが、なかなかよくできてると思います。
ミクの着せ替えや部屋の模様替えなどなかなか面白いです。
音ゲーパートをクリアして増やしていく仕様もいいですね。

オートセーブがないのも気になりました。
セーブ時間が短いですからオートセーブありでもよかったのではないでしょうか。
ネットを通じたスコアランキングなんかもあれば面白かったですね。

さらにDIVAはエディットモードもついており長く遊べるゲームになっています。

ミクは発売した直後はすごく注目してて大好きだったのですが、ニコニコで自作曲が流行るとちょっとずつ嫌いになってました。
今回DIVAでいろんなオリジナル曲を聞くと結構いい曲もあったりして、偏見はだめだなということに気付かされました。
DIVA2でもいろんな曲出会えるのを楽しみに待ちたいと思います。
83/100
スポンサーサイト

テーマ : PSP
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
ゆるゆり
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
ToHeart2 ダンジョン トラベラーズ
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
persona4
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
過去の記事

2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。