スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012冬アニメ感想決定版

2012冬アニメ感想の最終版です

01 輪廻のラグランジェ(Production I.G/石原夏織、瀬戸麻沙美、茅野愛衣、野島健児、吉野裕行、松岡禎丞、能登麻美子、浜田賢二、田中理恵、藤村歩、朝倉杏美、三森すずこ、南里侑香、野水伊織)
ロボットアニメとして見るとかなり物足りない。そもそもロボットの戦闘シーンが少ないですね。
12話中戦闘があるのは5話くらいじゃないでしょうか。
ただ日常パートは結構面白いです。味方も然ることながら敵が魅力的ですね。
敵に思い入れが沸くロボットアニメは名作、傑作になり得る可能性があると思います。
まだ話がいまいち分からないですし、専門用語がどんどん出てくるのが残念。
分割2クールなので話の全容は2クール目で分かるとしても、専門用語は控え目にして欲しかったか、若しくは詳細な解説ラグランペディアでもいいのであると嬉しかったですね。
ちょっと鴨川推しすぎなのも気になるところ。
全体的にまるっ!な出来かなと。にじゅうまるっ!ではないですね。

02 アクエリオンEVOL(サテライト×エイトビット/梶裕貴、茅野愛衣、花澤香菜、浪川大輔、藤村歩、鳥海浩輔、中島愛、鈴村健一、諏訪部順一、小林沙苗、内山昂輝、中村悠一)
下ネタが多すぎてもう突っ込むのも面倒になるレベル…
あの夏で待ってるの感想でも書きますが、主人公カップルのアマタとミコノの絡みが全く楽しくありません。
あの2人は他のカップル例えば、ユノハとジンなどと異なり普通にいちゃいちゃしてるだけなんですよね。
そもそもミコノ自体も劇中で言われているように糞女を体現したような存在(劇中での糞女はそういう意味ではないと思いますが)なので、そういうやつが勝ち組になる事自体不快です。
ただそれ以外のキャラはいいので悪くは無いです。
ジンが好きだったのですが、死んでしまったので残念極まりないです…
らぐりんもアクエリも戦闘してる時よりも日常パートの方が面白いですね。

03 パパのいうことを聞きなさい!(feel./羽多野渉、上坂すみれ、喜多村英梨、五十嵐裕美、大原さやか、飛田展男、堀江由衣、小野大輔、間島淳司)
主人公にとにかく苛つくアニメ。
何度池袋の実家に住めよと突っ込んだことか計り知れません。
そもそも大学生と子供3人で住むという事自体が、子供の将来を真面目に考えてないという証左だという現実的な見解を置いておいたとしても、主人公の言動は子供のことを一番に考えているとはとても思えません。
仁村くんのほうがよっぽど父親然としています。
普通の人だったらこんなパパのいうことは聞きたくない!だと思いますけどね。

04 あの夏で待ってる(J.C.STAFF/島崎信長、戸松遥、石原夏織、荻原秀樹、阿澄佳奈、田村ゆかり、日高里菜)
あの青が負けてる。柑菜ちゃんが可愛い。
このアニメの最大の問題点はアクエリオンEVOLと同じく主人公カイトとヒロインのイチカのカップルに全く魅力がないことだと思うのです。
てつろーとみおとかんな、れもんのエピソードは楽しめるのですが、彼ら2人の話はどうも見てて面白く無いです。いや嫉妬という意味だけではなく。
サブキャラのエピソードがつまらないだけならまあ許せるんですが、主役なので話のメインのもなりますしね…ということで全体的に評価は低め。

05 Another(P.A.Works/阿部敦、高森奈津美、平田広明、前野智昭、市来光弘、米澤円、野中藍)
ミステリとして見るとちょっと期待はずれ。
サスペンスホラーとして見るのが正しい鑑賞の仕方だと思います。
そもそもAnotherを初めて見たときは現象に託つけた大量殺人の犯人を追ってるのかと思ってました。
途中で超常現象の死者を探すことが終着点だと気付いて一回萎えて、結末もちょっとがっかり。
P.A.Worksもミステリとしてじゃなくてホラーとして作ってた感じですね。
鮮やかな解決編、散りばめられた伏線などミステリの要素を一番楽しみにしていたので残念です。
盛り上げたり、恐怖を煽ったりする演出は見事。

06 探偵オペラミルキィホームズ第2幕(J.C.STAFF、アニメーションスタジオ・アートランド/三森すずこ、徳井青空、橘田いずみ、佐々木未来、明坂聡美、岸尾だいすけ、寺島拓篤、下野紘、能登麻美子、南條愛乃、沢城みゆき、新谷良子、田村ゆかり)
正直、やってるのを忘れたり、色々忙しかったりで半分くらいしか見てない。
でも途中から見ても問題なく入っていけるのは嬉しいところですね。
1期は結構話題になったっぽいですが、2期は微妙な空気です。
気のせいかミルキィホームズのアニメ自身にも勢いがなくなったような気もします。
それでも深いことを考えずに楽しめる作品。OP、EDは素晴らしい。

07 テルマエ・ロマエ(DLE/FROGMAN、東地宏樹、大塚明夫、稲田徹、内田直哉、植田佳奈)
ノイタミナ冬アニメの前期。
短いのに最後の方はもうお風呂関係なくなっちゃってました。
まあお風呂のみで話を続けるのは至難の業なのでしょう。原作者の苦悩が見て取れます。
アニメとしてはフラッシュアニメなのでクオリティは推して知るべし。
内容も基本的には同事の繰り返しで飽きやすいのでまあ3週で終えて正解だと思います。

08 ブラック★ロックシューター(Ordet、サンジゲン/花澤香菜、沢城みゆき、阿澄佳奈、能登麻美子、喜多村英梨、沼倉愛美、松岡禎丞)
なかなか酷い。全く面白くない。
一部では理解できれば話が面白いと感じるという論評がありますが、絶対そんなことはないでしょう。
そもそも理解しようとしないと理解できないような構成になってるアニメはそれだけで嫌いです。
マト側のドロドロとした昼ドラのような展開は悪くないのですが、時折挟まれ、最後は主軸となるブラック★ロックシューター側のエピソードが壊滅的につまらなく、不要と思えるレベル。
普通にブラック★ロックシューターの活躍を描くだけじゃダメなんですかね。

09 キルミーベイベー(J.C.STAFF/田村睦心、赤崎千夏、高部あい、釘宮理恵)
最後まで1話の路線を貫いたのは評価できます。
勢いだけで笑わせるような作品かと思いきや、時折挿入される落語のような上手さのある笑いが印象的。
キャラが4人と少ないこともあって13話まで付き合うとキャラに対する愛着が他のアニメよりも湧いて、そこまで面白いとは思ってなくても、最終回では終わってしまうのがちょっと残念だなと思ってしまうのが不思議です。
4コマ系アニメでは良質な方でしょう。

10 アマガミSS+(AIC/前野智昭、名塚佳織、新谷良子、佐藤利奈、今野宏美、ゆかな、伊藤静、門脇舞以、阿澄佳奈、早水リサ、寺島拓篤、松岡由貴、浅川悠)
掛け値なしに面白い。今期一位。
基本的には2話構成で、1期でやった付き合うまでの過程が省略されているのですっと作品に入っていけます。
他のギャルゲアニメと異なり、ヒロイン全員のエピソードが描かれるので、お気に入りの女の子がフラれるという心配もありません。正直ギャルゲアニメは全部この形態でいいと思います。
1話~12話までの各女の子のエピソードも普通に面白いのですが、最終話は神懸ってます。
温泉回なのですが、お風呂あり、笑いあり、全キャラ総出演で息つかせる暇もないくらい怒涛の面白さ。
なにより上崎裡沙ちゃんの出番、しかも同じ門脇舞以さんが声を当てている田中恵子さんとの絡みがあったのが嬉しい。
そして放送時に奇跡的なタイミングで右上に出現した福くん…もう30分のどこを取っても隙がない構成、展開。
この最終話を超えるアニメは存在するのでしょうか…見ないと損する。

11 戦姫絶唱シンフォギア(エンカレッジフィルムズ/水樹奈々、高山みなみ、悠木碧、井口裕香、高垣彩陽、石川英郎、沢城みゆき、保志総一朗、赤羽根健治、瀬戸麻沙美、小松未可子、東山奈央、赤崎千夏)
シンフォギアを表現する言葉はいろいろあると思いますが、包括的に表現するなら良いクソアニメという言葉に集約されると思います。
おかしなところ、ダメなところ沢山挙げられると思いますが、こまけぇことは気にするな!と言わんばかりの勢いがあります。
展開は最初から最後まで王道。意外性とかも皆無ですが今時この類の直球アニメも珍しいので逆に新鮮に見られるかもしれません。

12 妖狐×僕SS(david production/日高里菜、中村悠一、細谷佳正、日笠陽子、杉田智和、花澤香菜、江口拓也、宮野真守)
BSTBSで見たら、延期、延期でまだ7話という…どうしてこうなった…
そこまでの感想になって申し訳ないのですが、まあ面白いです。
非常にはっちゃけてますね。SとMの回などここまで突き抜けてくれると清々しいです。
バトルあり、恋愛あり、BLあり、ブヒあり、エロあり、ギャグありの何でも御座れ万能アニメです。
話自体も安心して見られる出来。いやベン・トーもそうでしたが、ここの制作会社は要注目ですな。
ただズンと来る爆発力がないのも事実。
及第点は取れるけど優は取れないそんなアニメです。

13 モーレツ宇宙海賊(サテライト/小松未可子、甲斐田裕子、伊藤静、松風雅也、藤原啓治、堀江由衣、三宅健太、水原薫、松岡禎丞、小見川千明、花澤香菜、佐藤利奈、日笠陽子、戸松遥、金元寿子、安元洋貴)
毎週ハラハラドキドキさせてくれる続きが楽しみなアニメ。
話自体は淡々と進む印象を受けますが、内に秘めた熱さが心に響きます。
丁寧に描かれているという感想はネットの隅々で見かけますが、丁寧という言葉だけでモーパイを表現するのはとても悲しい事です。
兎に角見て欲しい。見れば面白さは必ず分かると思います。
BD買いました。それほどのレベル。

14 BRAVE10(トムス・エンタテインメント/小野大輔、佐藤利奈、柿原徹也、神谷浩史、浅川悠、置鮎龍太郎、森川智之)
今期のダークホース。
腐女子向けと侮るなかれ、男でも全然楽しめます。
ストーリーはまあ普通ですが、キャラが濃い。
主人公のくせに最弱なサイゾー、いつもボコボコにされてるボロボロが似合うイサナミちゃん、男の娘?なゆりかまなどなど…
僕はゆりかまが特に大好きです。Twitterのアイコンにしちゃいました。
癖になるOPも一聴の価値あり。まあ一聴したら何回も聞きたくなること請け合いです。

15 機動戦士ガンダムAGE(サンライズ/豊永利行、恒松あゆみ、東地宏樹、遠藤綾、嶋村侑、羽多野渉、小野大輔)
フリット編が終了してアセム編が始まりましたが、特に劇的に面白くなるわけは当然なくいつものAGEさんです。
突っ込みどころ満載ですが、突っ込みどころがない回は純粋につまらないので惨憺たるものです。
貶してばっかりもあれなので良い点を上げるとすると、アリーサがかわいい。量産機のデザインは悪くない。あとは…うーん…
敵軍のMSデザインが良ければそれだけでも見る価値はあったんだけどなあ…

面白い順に並べると
10 アマガミSS+
13 モーレツ宇宙海賊
14 BRAVE10
01 輪廻のラグランジェ
05 Another
02 アクエリオンEVOL
04 あの夏で待ってる
11 戦姫絶唱シンフォギア
09 キルミーベイベー
06 探偵オペラミルキィホームズ第2幕
12 妖狐×僕SS
15 機動戦士ガンダムAGE
07 テルマエ・ロマエ
03 パパのいうことを聞きなさい!
08 ブラック★ロックシューター
ですかね。
スポンサーサイト

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
ゆるゆり
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
ToHeart2 ダンジョン トラベラーズ
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
persona4
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
過去の記事

2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。