スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那由多の軌跡

久しぶりの更新です。
最近はゲーム欲が低下しているせいか、あんまりプレイしていないんですよね。
拡散性ミリオンアーサーをメインにプレイしています。
ソーシャルゲームを始めてしまうと、据置はもちろん携帯機ですら起動が億劫になってしまうんですよね。
やはり将来的には据置はハイスペックゲームの為になくなることはないとしても携帯機は消えていくような気がしますね。
スマホと一体化するのではないでしょうか。

那由多の軌跡は発売日に購入したのですが、先日クリアしました。
クリアタイムは23時間半。ボリュームは結構あります。
軌跡シリーズは王道のRPGということで有名ですが、今回は僕の好きなアクションRPGということで軌跡シリーズ未体験(一応空の軌跡は購入済みだが殆どプレイしていない)ですが買ってみました。

全体の雰囲気としてはPS1時代を彷彿とさせる昔ながらのアクションRPGという感じです。
アクションパートはイースシリーズのファルコムだけあって安心してプレイできる出来。
ただ那由多の軌跡の特徴的なシステムというものもないので無難にまとめたなという印象を受けます。
ただ視点が固定されているので、奥行きの距離感がつかみにくいことが多々あります。
これはアクションゲームとしては非常に残念。

ストーリーはステージをクリアしていくことで進むのですが、まあ携帯機には合っているシステムとは言えます。
ただ個人的にはフィールドを動きまわりたいですね。
ストーリー自体は、まあ王道といえば王道なのですがちょっと子供っぽすぎるというか…もうちょっと練って欲しかった。
グラフィックなどもPSPとしても平均的な部類です。

不満点としてはやはり一番はイベントスキップ出来ないことですね。
追加要素がある二週目があるのですが、そのような二週目を付けているのなら尚更イベントスキップは必須だと思います。
一応早送りはあるのですが、それがまた非常に遅い。
このイベント周りにはもう2つ問題があって、1つは台詞の速さを変更することができません。
このため早く読むためには×ボタンを連打する必要があり非常に煩わしいです。
次にこれは好みもあるかもしれないのですが、やはりイベント時にはキャラの絵を出して欲しかったです。
3Dのキャラも一応表情は豊かなのですが、やはりあの絵につられて買った人もいると思うので、僕も含めそういう人にとってはストーリーがすべて3Dのちびキャラで展開されるとちょっと残念すぎます。

また二週目を始める時に一周目で行ったクエスト等がリセットされているのも残念。
そのクエストも結構取ってつけたようなところがあるのでそもそも必要だったのかなと思ってしまいます。
細かいところですが、街に戻ると街の真ん中でスポーンされるので、街の端から端まで用事をこなすために移動する必要があり、もう少し配置等を考えて貰えると良かったです。

まあ無難すぎる出来。特筆すべき何かがあるわけでもないので特におすすめはしません。
安くなってて時間があれば買ってもいいかなーっていうレベルのゲームだと思います。
68/100
スポンサーサイト

テーマ : PSP
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

Twitter
ゆるゆり
TVアニメ「ゆるゆり」スペシャルサイト
ToHeart2 ダンジョン トラベラーズ
ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS ToHeart2 ダンジョントラベラーズ|AQUAPLUS
persona4
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
過去の記事

2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月

カテゴリー
フリーエリア

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。